匂いと記憶

小さい頃ガソリンの匂いが嫌いだった。


最初に沖縄に住んでいた、まだ小学生になる前だったろうか、ガソリンに匂いに嫌悪と恐怖を感じ、家の車がガソリンスタンドで給油する時には必ず少し手前で降ろしてもらったりしてた。


香港島九龍半島を結ぶスターフェリーの港の海は澱んでいて、色んなものが入り混じった独特の潮風の匂いがした。


街を歩けば乾物屋の乾物の匂い、八角の匂い、お粥の匂い、干し海老の匂い、お香の匂い、果物屋のドリアンやライチの匂い、中華系の百貨店のフロアの匂い、そして湿気を含んだ空気の匂いがした。


香港にいたのは、小学生の頃のことだ。今思えば結構自由に一人で街を探検に出かけていた。小さな雑貨商店を見つけては駄菓子やら世界の使用済み切手やらを買ったりしていた。

どのお店も必ず乾物っぽい匂いの混じったなんとも言えない安心するような匂いがした。


幼少期に住んだ、沖縄と香港はとにかく「匂い」のする街であった。


雨の匂い、風の匂いもよく覚えている。

それは懐かしいような、郷愁を覚えるような、今でも瞬時に思い出せる「あの匂い」だ。


最近ではライブで行ったバンコクも、懐かしい匂いがした。


シンガポールのホーカース(屋台街)も。


タイのホアヒンの鄙びた海の匂い。


パリのアフリカ人やアラブ人が多く住む街のの匂い。二週間泊まったアパルトマンの街の朝の焼き立てのバケットの匂い。


マレーシアのコタバルの大きな屋台街の匂い。


ジョホールバル排気ガスの匂い。


サンパウロの楽器屋さんの匂い。


クリチバからフォスドイグアスーに向かうバスの匂い。


台湾の臭豆腐や日本とは違う醤油の匂い。これは香港でもよく香った。


リオデジャネイロのレコーディングスタジオの匂い


韓国の公州の街の匂い…

 


思うに「匂い」と「記憶」は密接に結びついていると思う。


記憶にまつわる匂いを嗅ぐと瞬時にその風景を思い出せるのは不思議だ。


街は時と共に変わってゆけど、多分それぞれ街の基本の匂いはそんなに変わらないのではないだろうか。


そしてその匂いを沢山思い出せることは、幸せなのではないか。


もっと旅をせねばなるまい…


幼少期ガソリンの匂いが嫌いだったのは、なぜだったのだろう、とふと思った。

 

f:id:SaigenjiMusic:20180805211229j:image

p.s.写真はバンコクの外れです。電車から撮った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フラメンコ」と「ブラジル音楽」についての徒然。

フラメンコギタリストの神、パコ・デ・ルシアに首ったけになったのは大学生の時。ちょうど20年前くらいだろうか。

ちょうどカルロス・サウラ監督の「Flamenco」という素晴らしいドキュメンタリー映画が公開されたこともありズブズブとハマっていき、以来、ずーっと好きでフラメンコをコアに聴いていた。

当時はまだVHSの時代で、マニアックなフラメンコのビデオを買い揃えては(白黒の映像のやつとか)文字通り目を皿のようにして見ていた。

パコのCDもほとんど揃えて、好きなCDになるとフレーズを暗記するくらい聞き続けていた。

(とかく「ブラジル音楽」というワードで自分の音楽は語られることが多いけど、他のジャンルの音楽も(めちゃ偏ってたけどw)同じかそれ以上に聴いていた)

そんな大好きなフラメンコギターを、意を決して独学で始めてから2年強くらいになる。

最初はアクの強いジャンルなので、自分の音楽に弊害が出ないかな、ということを気にしてたんだけど、始めたらそんなこと全く気にならなくなるくらいハマってしまった。

まず今まで学んできたジャンルのギターとは段違いに基礎のテクニックが難しいこと、

そしてそもそも「コンパス」と言われるフラメンコの12拍子のリズムが死ぬほど魅力的かつ複雑で難解なこと。

何より「ファルセータ」と言われるギターの小曲が基本的に各々の奏者任せで、作曲することがとても好きな自分にハマったこと、

そんなこんなで、今やライフワーク、と言えるくらい(実際今、家ではほとんどフラメンコギターしか弾いてない)自分の生活には欠かせないものになった。

 

自分にとってフラメンコの一番の魅力は「厳格なリズムの決まり」と「その中でいかに自由になるか」という一見相反する事象のバランスにある、と思う。

 

例えばブラジル音楽は最小限の決まりはあれど、基本的には「完全な自由」が保証されていると言っていい。どういうハーモニーを、メロディを使っても、小節が半分伸びようが縮もうが、それは奏者の作者の自由だ。つまり「センス」を自由に音楽に反映できる、という部分があると思う。(ゆえにあれほど個性的なブラジルのミュージシャンを多数輩出した、と言える。)

 

先日某雑誌でフラメンコギタリストの沖仁くんと対談したとき、沖くんはヘレス(フラメンコの聖地の1つ)の空港に降り立って乗ったタクシーの運転手さんに「おまえギターケースなんか持ってるけど、まさかフラメンコを弾くんじゃないだろうな。何?弾く?フラメンコはアンダルシアのジプシーにしか弾けないんだ。魂が違うからな。」と言われた、という話。(こえーー…)

 

片や、自分がブラジルにレコーディングに行った時も、他の場面でブラジル人のミュージシャンに会ったときも、「おー、サイゲンジか!おまえのCD聞いたぞ!7曲目のあの曲が良かったなあ…おまえは本当にいいミュージシャンだ。」などと自分が日本人であることなど、何の関係もなくフラットかつオープンに受けいれてもらった経験がほとんどで、それを沖くんに話したら、「羨ましい 笑」と。

 

これはフラメンコとブラジル音楽がかなり対極の部分がある、という1つのサンプルだと思うけど、

思うにその両方の部分、対極の部分、のどちらをも自分は欲している、ような気がする。

 

フラメンコギターを練習すること自体は多分にマゾヒスティックな部分があって(パコもインタビューで言っていた)、ライブというアウトプットの多い自分にはインプットのエネルギーになっているのは間違いない。(ライブはやはり「放出する」というエネルギーが大半になるので)

 

あと単純にフラメンコギターを練習していれば、ギター自体は絶対にヘタにならない(これは発見でした)、退化しない、という部分があって、これは有り難い部分ではある。

 

フラメンコギターはずっとライフワーク的に死ぬまで弾き続けると思うのだけど、果たして「フラメンコギタリスト」になりたいのか?と聞かれたら、「いや、それは全くないです」と断言します。

 

フラメンコギターはやはりフラメンコの中でこそ(特にカンテと呼ばれる歌とのコンビネーションの中でこそ)生きる、というのはフラメンコの好事家である自分だからこそ痛感するし、そこに自分がいる資格はない、つまり身を捧げる気がなければダメだ、というのは骨身に沁みてわかる。

 

ブラジル音楽もしかり、ポルトガル語をちゃんと理解してない自分にはブラジル音楽は「音として」しか自分の脳には入ってこない。(多少話せる英語ですらそうなのは不思議だ。バイリンガルだと違うんだろうなあ)

 

日本語で歌えば、「言葉として」脳に入ってくる。自分が母語でオリジナルを作って歌うのはそこに尽きる。

 

結局のところ自分はどこにいても音楽的にジャンル的に「はみ出して」いて、でもまあ意図的にはみ出している部分もあるので 爆 その天邪鬼こそが自分の音楽とも言える。

 

そうか、ちょうどフラメンコとブラジル音楽みたいに、ってことか。

 

 

f:id:SaigenjiMusic:20180729084045j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

旅の効用

関西ツアー、ほんと素晴らしかったです。

 


ライブレポートについては各種SNSにお任せするとして、今回「旅っていいなあ」と改めてしみじみ思ったので、

旅の良さ、って一体なんだろう、ということを思いつくままに徒然と。

 


まず、何より「体調が良くなる」笑

え、俺だけ?

いや、これほんとそうなんだよなあ。

普段の生活をしてるよりも、ツアーに出てる時の方が明らかに体調がいいんですよ。

思うに、移動すること、新しい情報が脳や身体を刺激することで、細胞が活性化するのではないかと。

そして大体ツアーだと1日ごとに県をまたいで移動するので、意外と規則正しい生活になる、ということもあるかな。

とにかく脳、身体ともに新陳代謝が圧倒的に良くなる気がします。あんなにお酒飲んでるのに不思議。ほほほ。

 


そして「手っ取り早く非日常になる」

普段の生活をしていると、当然ルーティンの日々になります。同じ家で暮らし、同じ街でご飯を食べて、練習の時間、ライブ、晩御飯、就寝。

自分みたいな自由の極みの職業のミュージシャンだからこそ、意外と自分なりのルーティンにこだわって生きてしまいます。音楽の勘を養うにも、曲を書くにも、もちろん楽器が上手くなるにも、日々きちっと楽器に触れて、練習することは不可欠。特に自分の音楽のように「衝動」以外の要素、(まあ音楽性的なアレ)がそれなりのウェイトを占める音楽だと、なおさら。自分の音楽が日々進歩しているという実感がないと不安だ、というのもルーティンを大事にする理由ですね。まあこれは俺の性格だな。

でもね、旅に出て電車に乗った瞬間にガラッと「非日常」にスイッチするんですよ。行ったことのない場所だとなおさらですね。

最近は1人で物販と機材、楽器を担いでツアーに出ることが多いんですが、

見知らぬ場所で電車に揺られて見たことのない景色を眺めていると、

えもいわれぬ安堵感に包まれます。ふっ、と肩の力が抜ける感じ。

旅の醍醐味は色んな意味で1人になれること、と言ってもいいのかもしれない。

そして「時間は動いている」という実感。これも安心するのかも。時間の軸と移動の軸がパラレルにリンクして進んでることの安堵感、というか。

 


そしてこれはもう言うまでもないですが、

「たくさんの人と会えること、話せること、そして各地の美味しいものを頂けること」

 


これはもう説明不要ですよね 笑

 


ま、もちろんこれこそが真の醍醐味です。

 


プライベートではほとんど旅に出ない人間なのですが、それは「旅欲求」がライブツアーで十二分に満たされているからなのは間違いないです。

 


これが仕事ってすごいよなあ、と未だに思います。

 


つまりね。

 


一つ一つの旅をもっと自覚的に大切にしたいな、なんて思ったわけです。

 


時間は有限だ、というのを少しだけ頭の片隅に入れておくのもいいかもしれない。

たまにでいいけどね。

 


メメント森。

 


そう。9月はついに未踏の鳥取、島根へ伺います!

 


これで全都道府県ライブ制覇だ。うひょー。

 


9/15倉敷ペニーレイン

9/16出雲Green green

9/17米子ドドド

 

楽しみです。

 


p.s. あ、大事なこと付け加えるの忘れてた。

どんなに体調管理しててもツアー最終日は二日酔いになります。ええ。

 

f:id:SaigenjiMusic:20180718113533j:image

ニューアルバムのことを徒然と。

暑いですねえ。

夏らしいライブイベントもちらほら、友達と飲みに行ったり、家で練習したり。

アルバムもレコーディングは九分九厘終わったのですが、今はアルバムや曲のタイトルを考えたり、ジャケットの打ち合わせやアー写などを少しずつイメージしたり、そんな感じです。

 

今回が何枚目のアルバムになるんだろう、と数えてみると…

1st「Saigenji

2nd「La puerta」

3rd「Innocencia」

4th「Acalanto」

5th「Music eater」

6th「Medicine for your soul」

7th「Another wind」

8th「One voice,one guitar」

(ベストやリマスター、ライブ盤は除きます)

 

ってことは9枚目か。

 

前作の弾き語りを換算しなければオリジナルフルアルバムとしては8枚目ですね。

 

こんなにたくさんアルバムを作るのは訳があります。

なぜなら曲を作るのが好きだからですね。うん。笑

演奏する、歌う、ということと同じくらいかそれ以上に(いや、多分ちょうど同じくらいかな 笑)曲を作る、アレンジをする、レコーディングをするという行為が好きなんです。

むしろ歌うこと、弾くことは、「作ること」と自分の中でほぼ一緒、と言ってもいいかもしれない。最近は歌詞を書く、ということも楽しくなってきたので、より一層ですね。

あと僕自身が「作ること」は「苦しみ」よりは完全に「喜び」派な人間だ、というのはあります。

出来ないことをもがくのではなく、出来ることをひたすら突き詰めて広げているという感じかな。

公言してることですが、譜面もちゃんと読めないし、今のところ譜面が必要になったこともない。(あ、もちろん書くことは覚えましたよ!バンドやレコーディングに譜面は絶対に必要ですから。)

譜面を見ないので、当然曲も歌詞も「覚える」ことになります。(これが、実は大事だと思うのですね。人前で表現するためには自分のものになってないと、と思うのね。)

そもそも僕が聴いてきたフォルクローレとかブラジル音楽とか、つまり南米の民衆音楽、そして今ハマっているスペインのフラメンコも全て口承、口伝えの音楽なんですね。

だからもともと耳、感覚だけで音楽をやっている、ことに疑問は全く無いわけです。

現代南米音楽ではかなり高度なハーモニーがポピュラー音楽でもかなり使われてますが、

根底には「理論」ではなく、「感覚」があります。

自分の好きなブラジルの素晴らしいミュージシャンで譜面が読める人はほとんどいない気がします。多分。

 

何が言いたいかというと、「感覚を突き詰めること、広げること」というのが自分の音楽の一貫したテーマなのですね。

 

今回のアルバムは何より「自分の感覚を突き詰め、広げることができた」という喜びがあります…

 

続きはまたね!

 

p.s. 暑いので冷たいもの飲んだらお腹冷えた…

f:id:SaigenjiMusic:20180713154918j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川上くんちのメロン

 

サイゲンジ家の夏を告げる風物詩といえば…

 

川上くんちのメロンです!

 

きたー!

 

川上直(すなお)くんは山形は庄内の鶴岡にsaigenjiを二回ライブに呼んでくれたオーガナイザーさんなんですが、本業は庄内のメロン農家。

 

毎年この季節に絶品のメロンを送ってくれるのです。

 

いつも工夫を凝らしたロゴをメロンに刻んでくれる川上くんですが、(一昨年はAcalanto 10th!)今年はシンプルに無し、とのこと。

 

年も近い川上くんは何かと優しく細やかで、鶴岡ではいつもとても印象深いライブになります。

 

前々回のライブではメロン畑にも案内してもらいました。

庄内の魅力をライブの翌日いつもドライブで案内してくれるのです。

 

今年はアルバムも出るので、来年は鶴岡いけるかな?

 

今年は去年よりうまいとのこと!

なによりメロンの食べ頃が楽しみです!

 

川上くん、いつもありがとうー!

 

f:id:SaigenjiMusic:20180707195006j:image

 

一昨年のやつ!

f:id:SaigenjiMusic:20180707195037j:image

 

先行配信!

スタジオあごー!

 

8月あたりにニューアルバム収録の中の一曲を先行配信することになりました!

 

詳細は追って。

 

久々の踊れるやつ!オーガニックダンスミュージックです。

 

シングルカットは初の試みです!

 

楽しみー!!

 

f:id:SaigenjiMusic:20180704134627j:image

梅雨明け!7月は…

関東甲信越地方梅雨明け!観測史上初の6月の梅雨明けですって。本格的な夏到来か。

…ってことは今年の夏は長いのかなー。どうなんだ。

 

サッカー日本頑張ってますね!まさかの(すまん)予選リーグ突破。アガります!!多少の寝不足は仕方ない!

 

7月のsaigenjiライブスケジュールは…

★7/8@渋谷TK SHIBUYA 「ラムコネクション」

http://saigenji.com/schedule/show/729

★7/14@和歌山「Bagus」

http://saigenji.com/schedule/show/723

★7/15@京都「松長」

http://saigenji.com/schedule/show/725

★7/16@大阪「ショビシュバ」

http://saigenji.com/schedule/show/727

★7/21@鎌倉由比ヶ浜「Umi cafe」

http://saigenji.com/schedule/show/728

 

 

って感じです。いずれもソロです。

順を追って説明しよう( ˊ̱˂˃ˋ̱ )b

7/8「ラムコネクション」は渋谷でラム酒ピンガ(ブラジルの蒸留酒)の祭典!!お酒好き(俺のことか)はもうマストなイベントですよ!あたいは一部に歌う予定です。

TK SHIBUYAって会場です。

 

7/14は和歌山の新和歌浦の海岸にあるBagusって素敵なお店で歌います!地元の人は口々に「あそこはサイコーだよ」って言います。

DJの方もたくさん、なんと怪談もあるらしいよ。そもそも和歌山すげーいいとこなんだよね。大好きです。

 

7/15は京都の老舗料亭「松長」でお座敷生音ライブ!すごい組み合わせやろ。実はおかみさんが大学のサークルの先輩なのです。料理もお酒も絶品!前回も大変盛り上がりました!京都の皆様、近隣の皆様、是非!

 

7/16は大阪「ショビシュバ」!大阪のブラジル音楽伝道の正に草分け的なお店です。ブラジルのミュージシャンもここには必ず立ち寄るってくらいのお店。アットホームで最高です。

お店の人たちがまた最高です。ほんと。

 

7/21は鎌倉由比ヶ浜にある「Umi cafe」

ここに行くのは初めてなんだけど、友人が「もうここすんごい素敵だから」っておススメしてくれて実現しました。早いもの勝ち!

 

ご予約、ご来場お待ちしてますYo!!

 

ライブ詳細はリンクからどうぞー!

 

p.s.梅雨明けて早速江ノ島に行ってまいりました。

すでにめちゃ暑かった…f:id:SaigenjiMusic:20180630234915j:image